メイン画像
中国切手買取価格.com|失敗したくないなら!~口コミ評判業者 TOP中国切手を売買する際の注意事項 >中国切手高額買取

切手画像

中国切手を高額で買取してほしい方へ

中国切手を一円でも高く、つまり高額で買取をしてもらう方法をお探しの方に、ぜひ参考にしてほしいポイントをいくつかご紹介しています。

中国切手はプレミア価値がつきやすいとはいうものの、どうせ売るなら高く売りたいですよね。中国切手をより一層高額買取してもらえるポイントや今からできる準備・工夫などを調べました。 誰でも実践できることなので、おすすめですよ。

●まとめ売り(バラバラの状態よりシートの状態、1枚ずつより大量査定)

中国切手に限ったことではないのですが、買取市場ではばらで売るよりもまとめて売ったほうが買取価格が高くなるとされています。 たとえば、切手シートで買取をしてもらうというように、複数枚をあわせて買取してもらうほうが良いようです。 とはいえ、プレミア切手の場合はバラであってもその限りではなく、高額買取をしてもらえるケースがほとんどだそう。 中国切手に限ったことではありませんが、切手は同じ未使用でも、1枚ずつバラバラの状態よりもシート状の方が価値が高いです。

また、少しずつ別の業者に売ったりするよりも、全部まとめて同じ業者に依頼した方が、買取価格を上乗せしてくれることもあるようです。

さらに、中国切手などはシリーズ全部そろえることで文章がつながったりするものもあり、そういったシリーズものの中国切手は、シートからはずれていてもシリーズとしてそろっていた方が高額買取の可能性が上がります。

●美品である(やっぱり美品が高額買取)

中国切手の場合、状態がきれいであればあるほど高額となります。 一度も使用されていない(消印がない)、シミや汚れなどの所見もない、という状態ですと、相当の高額買取が期待できるのではないでしょうか。

郵便物に貼って使うにしてもコレクションするにしても、美品の方が高く売れるというのは想像に難くありません。よって、折れたり破れたりしていないもの、日焼けしていないもの、色落ちしていないものなど、美品の方が高く売れます。

これはこれまでの保存状態にも関係してきますので、今から何かできることではないかもしれませんが、切手ファイルなどに入れて保存していたものは比較的高額買取してくれる傾向にあります。

●台紙貼り(バラ切手は台紙に貼ったりすると良いかも)

同じ額面の中国切手を指定されたサイズの用紙に貼っていくというもの。 これが高額買取につながるのか疑わしいと思う方もいるでしょうが、切手買取業者の一部は台紙貼りで高額買取になると公表しているところもあります。バラバラの切手は、あなたから買取ってもまた売るときに大変です。

また、バラバラだと額面いくらのものが何枚あって……と査定するのも一苦労です。それらの作業を、売る前にあなた自身で行っておくと、それだけ切手買取業者の仕事が減るわけですからその分買取価格を上げてもらえる場合があるようです。

台紙の貼り方や仕分けの仕方は切手買取業者によって違いますから、ホームページなどでチェックしてみてください。

●仕分け

同じ額面の中国切手を、小袋などに仕分けていく方法です。 こちらも台紙貼り同様、業者によっては高額買取になると公表しているところがあります。

●保存状態

切手は湿気に弱いので、定期的なメンテナンスを必要とします。 湿気の多い場所に保管しない、時々ファイルから出してあげるというだけでもだいぶ変わりますよ。一度試してみてください。