メイン画像
中国切手買取価格.com|失敗したくないなら!~口コミ評判業者 TOP中国切手を売買する際の注意事項 >中国切手現金化郵便局

切手画像

切手を現金化したいのであれば、買取業者

切手を購入する場所と言えば、郵便局。 もし間違った額面の切手を購入してしまったということで払い戻しをしてほしいという場合。 つまり、現金化は行なわれているのでしょうか。

中国切手や切手コレクションを売りたいと思って、インターネットでいろいろと情報を検索しているときに、「切手 郵便局 換金」といったキーワードがしばしば出てきました。それを見て私も「あれ、もしかして切手は郵便局で現金化できるのか?」と期待しました。なぜなら、切手はプレミア価値のあるものは額面以上の価値で売れるようですが、そうでなければ額面の何割かでしか買取してもらえないらしいということを知っていたからです。そこで、郵便局で中国切手などの切手コレクションは現金化できるのかどうか、調べてみました。

実は、郵便局での現金化はすることができません。 郵便局で行なえるのは、交換のみとなっており、しかも手数料がかかってしまいます。

ちなみに、切手から切手の交換、切手からはがきへの交換といったように、あくまで郵便局内で販売されている者への交換のみとなっているので注意が必要です。 交換できるものの種類に関しては郵便局の公式ホームページでご覧になれますので、参考にしてみてください。

郵便局のホームページなどを見てみると、切手は郵便局では現金化できないようです。郵便局に切手や書き損じハガキなどを持っていったりするのは、「現金化」できるからではなく、「交換」ができるだけのようです。

郵便局では、切手であれば、記念切手などを普通切手に交換したり、書き損じはがきを未使用ハガキや切手に交換したりはできます。

でも、それも交換したいもの1枚ずつに手数料がかかってきますので、もとの額面より減ってしまいますね。また、中国切手は日本の郵便局の管轄外なのか、外国切手については交換すらできないそうです。

結局のところ、中国切手を1円でも多くの現金に換えたい場合は、切手買取業者に買取してもらうのが一番のようです。 となると、切手を現金化するにはどこに依頼すればよいのかという話になりますよね。

答えは、買取業者です。 買取業者と言っても、質屋や金券ショップなどさまざまありますが、特に高額な現金化を望むのであれば、切手の専門買取業者に頼んで買取をしてもらうのがベストと言うことになるでしょう。

また、中国切手は日本で発行されている切手ではないため、おそらく交換も行えないのではないかと思われます。 なおさら中国切手を現金化しようと思うのであれば、専門買取業者がおすすめと言うことになるんです。

最近は切手を利用する機会がうんと減ってしまったので、昔集めていた切手たちを郵便物を出すときに使おうと思っても、たくさんの枚数があれば使いきれずに残ってしまいます。そうなると、郵便局で換金ができれば…と考えるでしょう。しかし、切手は郵便局で換金することはできません。

違うものと交換をすることはできるのですが、現金化することはできないので、持ち込んでも受け付けてくれません。せっかくの切手がムダになってしまう…というときには、買取業者で依頼して買取してもらうしかないでしょう。

日本の切手だけではなく、もちろん中国切手も同様です。 特に中国切手は今、中国の富裕層を中心に切手ブームが起こっているため、高値で買取してもらえる可能性もあります。特に文化大革命時代という切手の収集が禁止されていたときに発行されたものなら、さらに価値は高まってくれます。

郵便局での換金ができないとなると、残された道は買取業者に依頼する方法しかないでしょう。ずっと持っていても仕方がないですし、だからといって捨てるのはもったいないです。現金化したいなら、買取業者にまずは相談してみてください。その中で高く売れる切手があれば額面以上の金額で売ることだってできます。