メイン画像
中国切手買取価格.com|失敗したくないなら!~口コミ評判業者 TOP中国切手をもっと知りたい! >中国古切手買取・その2

切手画像

中国切手として高く売れる古切手

日本でも古切手と呼ばれるものがあるのと同じで、中国切手にも古切手として希少なものといわれている切手はいくつかあります。希少なものは、当然買取してもらう際にとても高額となります。希少な切手のエラー切手などになると、数千万円という値段がつくこともあります。

中国切手でも出回りすぎているものは高く売れないのですが、希少なものであれば日本の切手よりも高く売れる可能性が十分考えられます。洋銀加刷の未使用のものは12枚しかないといわれており、こちらも数千万円です。

いわゆる、旧中国切手と呼ばれるとても古いものの中には、高額査定が期待できる切手が多いでしょう。 中国清朝が1878年に初めて発行した切手は、「大龍切手」といいます。中国で発行された切手の中で、最初の切手となりました。蟠龍切手や旧満州国の切手、中華民国初期の切手などはとても高く売れる切手です。

今の時点で流通している数も少なく保持している人はあまりいませんが、持っていたらとてもラッキー、と思ってください。1枚が数千万円になる可能性のある切手はなかなか手に入りません。中国切手だから売れそうにないと思うようなものでも、もしかしてとても希少な切手かもしれないので、買取業者で査定してもらうべきでしょう。