メイン画像
中国切手買取価格.com|失敗したくないなら!~口コミ評判業者 TOP中国切手をもっと知りたい! >中国切手赤猿

切手画像

赤猿という中国切手をご存知ですか?

高額買取で有名な中国切手のひとつに「赤猿(T46)」という切手があります。1980年に発行された切手で、中国で初めての年賀切手なんだそうです。絵柄が猿なのは、1980年の干支が猿だからだそうです。干支発祥の国、中国での、初めての年賀切手ですから、発売当初から大変な人気があり、高値が付いています。発行枚数が多くなかったというのも人気が出た理由のひとつといえるでしょう。

中国切手といえばこの切手、と呼ばれるぐらい、中国切手の代表格でもあり代名詞でもある「赤猿」についてご説明しましょう。

赤猿は、1980年に中国で発行された年賀切手で、正式名称は「子ザル」と言います。 日本のみで赤猿と呼ばれているようです。 中国で初めて発行された年賀切手と言うことで(庚申年印字有り)、発行枚数が極端に少なかったことでも有名。

[写真]

また、干支の発祥地である中国から年賀切手が発行されるということもあり、人気が沸騰しました。 その証拠に、発売当初から高く売買されているだけでなく、偽造品も多く出回ったこともその人気の高さを知ることができます。

さらに、発行されたころの中国では中国人の切手収集が固く禁止されていたため、美品が現存していること自体が珍しいのだとか。 とはいえ、赤猿には”極上品”と呼ばれる、非常に状態の良いものがあるようで、こちらはなんと1億2500万円もの値が付けられたと言われています。 当時、切手販売ノルマのために赤猿を買わされていた、ある郵便局員は、瞬く間に大金持ちになったそうです。

もちろん出回っている赤猿はこれほどのものはありませんが、それでも一枚からの買取価格で10万円から、シートの状態であれば(赤猿)80枚800万円から1000万円で取引されているようですよ。

「赤猿」はどのような切手なのでしょうか。見た目についても記しておきましょう。「赤猿」の「赤」は、背景が赤いということです。赤い切手で、子ザルが1匹座っています。額面は8元、右下にローマ数字で「8」と書かれているので日本人が見てもわかります。

「赤猿」の具体的な買取価格についても調べてみました。インターネットで調べると、いろいろな取引実績が見つかりました。「赤猿」は同じ絵柄が80枚で1シートだったそうなのですが、1シート揃ったものは、なんと800万以上で取引されることもあるそうです。

また、1枚だけでも、美品かどうかで買取価格が違うことでも有名な切手です。未使用美品は、子ザルの顔が金色をしているそうですよ。

みんなが驚くようなきれいな切手で、毛並みまでわかるぐらい細かく描かれて、金粉が美しく輝く切手なので、貼って送る途中で剥がされて盗まれるというエピソードも相次ぎました。それぐらい、中国国内では人気が高かったです。もちろん、中国国内に留まらず日本でも、そして世界でも赤猿は人気が出ており、現在でもプレミア価格がつくレアな切手となっています。

中国の郵便局員が販売ノルマとして買わされた赤猿を、数十年後に買取してもらったときに1億円以上で売れたという話が語られたことから、さらに有名となりました。

実は赤猿、別名子ザルには極上品というものが存在しています。猿の顔が黒ずんでおらず、金色をしているものが極上品です。擦れたりヤケたりしていないものが極上品と呼ばれており、猿の顔部分で判断します。保存状態がいいと高く売れるといいますが、まさに赤猿にもその言葉が当てはまります。

縁起物としても注目されている赤猿なので、まだまだ人気は続きそうです。買取額も高いままで継続するでしょう。