メイン画像
中国切手買取価格.com|失敗したくないなら!~口コミ評判業者 TOP中国切手の買取で失敗したくない >中国切手価値・その2

切手画像

中国切手の買取市場が今盛ん!・その2

中国切手は、日本で貴重な切手として高額がつく切手よりも、さらに高額がつく切手です。1枚でこんなにも?と驚いてしまうぐらいの高額です。中国では、1960年から1980年ごろに文化大革命がありました。その時に中国国内の切手は処分され、切手をコレクションすることすら禁止されていたのです。

そのため、中国国内にはその時代の切手というものが存在していません。

ただし、日本では切手ブームもあったことから、中国切手がたくさん溢れていたのです。現在、日本では切手コレクターをしている人はかなり減ってしまいました。そのため、文化大革命時代の頃の切手をもてあましている人が意外と多いです。

文革が終了した後、中国切手の価値に目をつけたアメリカ人コレクターが大勢日本に来日しました。そして1990年代頃から中国人が来来るようになり、自国の切手を大量に買い戻すようになったというわけです。

現在でも中国から買いに来ますが、すでに日本の市場は切手の数自体が少なくなってきているのです。1970年代前後に中国切手を集めていた人ならば、そのコレクションの中に意外なお宝が眠っている可能性もあるかもしれませんね。

切手ブームに熱中した当時の子供達は、今や年齢が60~70代です。切手の趣味を続けている人以外は、昔のコレクションを押し入れの奥にほったらかしにして、存在すら忘れていることでしょう。しかし、もしも今持っているコレクションの中に中国切手が入っていたなら、だいぶ話が違ってきます。驚くなかれ、時代を超えて大きな価値がついている切手がある可能性もあります。

中国切手は、1枚あたり数十円のものが数十万円という値段がつけられるものもたくさんあります。何倍、何十倍にもなる価値に、持っている人も驚くことでしょう。しかし、中国切手なら何でもいいというわけでもありません。文化大革命時代の切手でも切手の種類に応じて枚数があります。

3種や4種などになるのですが、その種類のシリーズがすべて揃っていることで、より高額で買取してもらえます。反対に、すべて揃っていないとかなり価値が下がってしまうものもあります。

そのため、シリーズすべてが揃っていないものと揃っているものとでは、評価変動の落差が大きくなります。