メイン画像
中国切手買取価格.com|失敗したくないなら!~口コミ評判業者 TOP中国切手の買取で失敗したくない >中国切手価格

切手画像

中国切手が持つ買取価格とは?

中国切手を買取しようか悩んでいるという方、ぜひこのページの内容を参考にしてみてはいかがでしょうか?

中国切手の買取価格は、今、高騰を見せています。 現在、中国の経済成長も手伝って、中国国内には富裕層が増加しており、それにともなって切手ブームが起こっているのです。

そのため、日本での買取価格も軒並み上昇中という現象が起こっているのだそう。

インターネットなどを見ると、2011年8月ごろのピークを境に買取価格が低下してきているというコラムなどもありますが、現在でもまだまだ高値で取引されており、きっと買取価格にもご満足いただけるものとなっているのではないでしょうか。 ただし、中国の切手ブームに便乗した”偽中国切手”も数多く出回っているということなので、偽物には注意してくださいね。

また、中国切手は外国切手に分類されますので、外国切手買取の取り扱いを行っている業者を選ぶようにすると、さらに買取価格がアップします。 さらに、外国切手買取に弱い業者は査定士に専門知識がない可能性が高いので、本来の査定額よりも低く提示されることも多々あるとのこと。 直近の買取実績を参考にしながら業者選びをしてみるとよいと思いますよ。

「中国切手の買取価格は高い」というのはよく耳にしますが、本当なのか?中国切手なら何でも高く買取してくれるのか?と気になり、中国切手の買取価格についての情報をもっと詳しく調べてみました。わかったことをまとめておきます。

中国切手といっても高額買取されるのは、まず現在残っている枚数が少ないものです。文化大革命時代に中国国内の切手収集が禁止されたため、その時代(1960年代から1980年代)の切手は現存数が非常に少ないので価値が高いようです。

これらの希少価値の高い切手の中でも、保存状態が良いものが特に高額買取されています。(なお、中国切手でも最近のものは特に希少価値があるわけではないようですので、「中国切手を持っているから億万長者になれるかも?!」とぬか喜びはしない方が良いかもしれません……。) 日本で買取りされた中国切手はどうなるのかというと、中国で、中国のコレクターに販売されるようです。中国は今、切手ブームがすごいらしいんですよね。

かつての日本がバブル時代に切手ブームが起こったのと同様ですね。また、中国では投機目的で切手を買う富裕層もいるらしく、本当に価値がある切手というのは超高額取引がされているようです。

日本では、切手ブームというと1970年代から80年代ぐらいでした。今でも切手をコレクションしている人はいますが、それでも数はだいぶ減ってしまったでしょう。切手ブーム時代を知っている人からしてみると、みんなが切手をコレクションして楽しんでいたというぐらいですから、今は日本で切手ブームは去ってしまった、といってもいいぐらいです。

しかし、反対に今切手ブームを迎えている国だってあります。中国では、文化大革命の際に切手収集も禁止されており、国内にある切手は処分されたことがあるため、今になって切手ブームが到来しています。

しかし、中国国内では文化大革命時代の切手が残されていないことから、その時代の中国切手が多く出回っている日本から輸入して購入する人が増えています。そのため、日本では中国切手の買取を積極的におこなう業者が増えており、驚くほど高値で買取をしてくれるのです。

どうしても中国の景気に左右されるため、価格に保証はできません。しかし、高く売れるときに売っておいたほうがいいのは間違いありません。いつまでも高く売れるとは限りませんので、中国切手を所持していて処分したいと思っているのであれば、今がチャンスだと思います。