メイン画像
中国切手買取価格.com|失敗したくないなら!~口コミ評判業者 TOP中国切手の買取で失敗したくない >中国切手価値・その1

切手画像

中国切手の驚くべき価値とは・その1

中国切手は日本で発行されている切手とは少し違った種類となるので、それについてご説明したいと思います。

まず、中国切手は一枚でも数十万円もの値段が付けられるものが数多く存在しています。 それだけの高額査定をしてもらおうと思えば、押さえておかなければならないポイントがあることをご存知ですか?

それは、”切手の種類に応じた枚数がある”ということ。

中国切手は、基本的には三種、四種といった枚数が決められており、これらのシリーズがすべてそろっていることで初めて中国切手の価値がつけられるのです。 逆を返せば、全シリーズがそろっていないと、場合によっては評価の変動の落差が大きくなるとされています。

[写真]

すべてのシリーズをそろえるというのは少々無理難題と思われるかもしれませんが、日本国内でもある程度の利用はみられるようです。

また、中国に旅行に行った際にお土産などで持ち帰るということでシリーズを集める方も少なくありません。 中国切手はシリーズをそろえるということに大きな意味があるのだということがわかるでしょう。

それぞれでもそこそこの買取額となりますが、やはりシリーズはすべてそろっていたほうが買取額もぐっと高くなるということを覚えておくとよいと思いますよ。

価値の高い中国切手にはどのようなものがあるのか、一体どれくらいの価格で買取してもらえるのか、調べてみました。

中国切手は日本の切手と比べて、1枚でも数十万円もの買取価格になるようなプレミア切手が多数存在します。よって、中国切手を持っていたらまずは買取業者に査定してもらうのが良いと言われるのです。

一方で、中国切手ならではの注意点といいますか、「実はもっと高く売れたのに」というポイントもあるようです。それは何かというと、シリーズものについての注意です。中国切手には「3種完」や「4種完」などの名前がついている場合が多いのですが、これが示しているのは全部で何枚あるシリーズなのかということです。切手の種類に応じて枚数が決まっているのですね。

たとえば「3種完」のものは、バラでも価値があるかもしれませんが、3種類全部そろっていたら、1枚分の3倍の値段どころかもっとまとまった金額で買取してもらえる可能性があるようです。逆に、シリーズ全て揃っていないと、場合によっては評価の変動の落差が大きくなることもあります。

もし、あなたのお手元のコレクションの中に「あ、これ有名な中国切手だ!」と1枚見つけたら、その1枚だけを査定に出すのではなく、同シリーズの他の切手も手元にないかチェックしたり、お手元の切手コレクションを丸ごと査定に出したりした方が、査定員がシリーズを見つけてくれる場合もありますからお得ですよ。