メイン画像
中国切手買取価格.com|失敗したくないなら!~口コミ評判業者 TOP切手を売却してみよう >中国切手換金

切手画像

換金方法が3種類ある中国切手買取業者

中国切手買取をおこなうにあたって大事なことは、”換金方法”をおさえておくことです。 業者によってさまざまな換金方法がありますので、どの方法が自分にとって都合がいいのかを知っておくとよいでしょう。

中国切手を切手買取業者に売って換金する方法はどのようなものがあるのでしょうか?店頭買取・宅配買取・出張買取という3つの方法のいずれか、あるいは3種類全部から選ぶことができる切手買取業者がほとんどです。これらの、店頭買取・宅配買取・出張買取という売り方の特徴をまとめていきたいと思います。

一般的に、専門買取業者は

・店頭買取

・宅配買取

・出張買取

という方法を取り入れています。 それぞれの特徴をご紹介しましょう。

・店頭買取

店頭に買取してほしい中国切手を持参してその場で買取してもらう方法です。 目の前で査定してくれるのでごまかされることがない点がメリット。 ただし、切手が大量の場合は持ち運びが面倒、店頭が近くにないときは交通費がかかるといったデメリットに加え、査定をするのは店舗スタッフなので、お店が込んでいればその分査定に時間がかかるということもマイナスポイントとなっています。

店頭買取は古本屋をイメージすればわかりやすいと思います。要するに、切手買取業者の店舗に切手を直接持っていって、その場で査定・現金化してもらう方法です。予約が必要な業者と、突然ふらりと店舗を訪れて良い業者がありますので、店頭買取をしたい方は行こうと思っている業者をチェックしてみてください。

店頭買取はお近くに良い業者がある方は良いですが、お近くに業者がなければ利用できない他、私の場合のように大量の切手を売りたいという方は、切手の持ち込みも大変だと思います。

・宅配買取

買取してほしい中国切手を段ボールなどに梱包し、指定された住所に送付する方法です。 日ごろ仕事などで忙しく、空いた時間に買取作業をしたいという方におすすめ。 ただし梱包作業が面倒だったり、査定や現金を受け取るまでに時間がかかるということもあって積極的に利用する方は少ないようです。

宅配買取は、店の人と顔を合わせたくないという方、忙しくて査定の間待っている時間が惜しいという方、ライフスタイルが切手買取業者の営業時間とずれていて査定してもらうのが難しいという方などに人気の売り方です。段ボール箱に入れて送ってしまえば、あとは査定金額の連絡や振り込みを待つだけなので便利は便利です。

ただ、発送から振込まで数日はかかるのですぐに現金化したい方には不向きな他、査定内容に疑問があっても対面でない分うまく質問できないなどのデメリットもあります。また、宅配買取の場合はキャンセル不可の業者や、キャンセルはできるけれど返送料は自己負担という業者が多いので注意が必要です。

・出張買取

買取申し込みを行えば、自宅まで査定員が無料で来てくれてその場で査定してくれる方法です。 業者によっては申し込みから30分で来てくれるところもあり、スピード対応が可能。 査定価格に満足できれば買取取引が成立し、その場で現金を受け取ることができます。

出張買取は、自宅まで業者の査定員が査定に来てくれます。よって、量が多くても箱詰めしたり持ち運んだりする必要が一切ないので、手間がかからず楽です。交通費や送料・返送料などもかかりませんし、査定額に満足すればその場で現金化してもらえますので、スピーディーで便利ですよ。お時間さえ許す方は出張買取がおすすめです。

以上の点から、店頭、宅配買取に比べて出張買取のほうが手間もかからず、さらに費用も掛からず良いと思いました。