メイン画像
中国切手買取価格.com|失敗したくないなら!~口コミ評判業者 TOP切手を売却してみよう >中国切手売りたい

切手画像

中国切手の買取をしている業者一覧

「中国切手を売りたい!」 そう思ったときこそ買取のチャンス。 ですが、インターネットを調べるといろいろな業者やサービスが見つかると思います。 それらのメリットやデメリットをご紹介しましょう。

●金券ショップ

店頭に持参して買取をしてもらう方法です。 量が少ないときは便利ですが、大量ですと持ち運びが大変ですね。 また、中国切手の取り扱いがないお店がほとんどかと思われます。

●質屋

買取といえば質屋、というイメージをお持ちの方も多いはず。 中国切手の買取をしてくれる業者もあると思いますが、査定士の知識がやや乏しいですね。 低い査定額を付けられるケースも少なくありません。

●オークション

自分が満足できる価格で落札されればラッキーなオークション。 何より出品までにたくさんの手間があり、また落札されなければ売れません。 落札後のトラブルも多いと言います。

●専門買取業者

中国切手だけを専門的に買取している業者です。 査定士の専門知識も文句なし、買取価格も他業者より高額であることも特徴。 便利な出張買取も行ってくれるので、買取までの流れも楽。 現時点ではデメリットは見つかりませんでした。

結局のところ、中国切手などの切手コレクションを売るために、東京・大阪・名古屋といった各地域の口コミを調べた結果、地域差というよりも業者による差があることに気づきました。質屋、オークション、金券ショップ、専門買取業者を比較し、それぞれを利用した場合のメリット、デメリットをまとめてみたいと思います。

まず、質屋ですね。昔ながらの質屋などは高く買取してくれそうなイメージがありますし、もし馴染みの質屋があるのであれば相談してみても良いかもしれません。ですが、査定金額の基準が曖昧なことがあるようです。あくまでその質屋、その質屋の査定で金額が決まるので、切手の買取相場などはあまり反映しておらず、店によって金額が異なることも多々あるようです。

それから、切手買取といえば最近は金券ショップでも切手を取り扱ってくれるところが増えました。駅前などですぐ売れるというのは非常に便利なのですが、金券ショップでは切手の価値については判定してくれない事がほとんどで、中国切手や外国切手はそもそも買取対象外ということも多いようです。

オークションは最低価格を自分で設定できるという点は良いですが、いつ売れるかわからないことや、ネットオークションに慣れていない人には不便だというデメリットがあります。

やはり、総じて切手を確実に売りたいなら、切手買取専門業者に売るのが良いようです。 以上の点から、専門買取業者を選択すれば失敗もなく買取をしてもらえるでしょう。